通電焼結

通電焼結 通電焼結とは粉末冶金における工法の一つです。
代表的な粉末冶金の工法は、常温大気下でプレス成形を行い、連続式電気炉において焼結を行います。
その他にもホットプレス法やHIP、CIP、そして射出成形法などがあります。
通電焼結法が他の工法と最も違う点は、加圧と同時に電流を材料(黒鉛型)に印加することで、粉末間でのジュール加熱および型のジュール加熱を利用して高速に焼結する点です。そのため直接通電焼結とも呼ばれます。
セラミックスや樹脂のような、材料自体が発熱しない材料の場合は、黒鉛型を発熱させて焼結することができます。

トップへ戻る

粉末冶金

粉末冶金とは、金属粉末を圧縮(成形)して焼き固め(焼結)する技術のことをいいます。新規性の高い材料開発を進めるにあたり、それらの多くは粉末を原料としています。金属部品製法の代表的なものには、鋳造・ダイカスト・ロストワックス・鍛造・機械加工・金属プレス加工、そして粉末冶金があります。
金属粉末を使う主な製法は焼結(プレス成形)であり、鋳造法などでは作りにくい、融点や比重の違う材料の合金化に有利な製法です。
粉末冶金の一般的な特徴は以下の通りです。

  • 金型を用いるので大量生産に向いており、ニアネットシェイプが可能です。
  • 粉末材料を調合するため材料調質が容易です。
  • 気孔を利用して潤滑油を含ませることが可能です。
  • 高融点金属や金属ガラスなど特異性の高い材料の製造が可能です。
トップへ戻る

SPS(Spark Plasma Sintering)

SPSとはSpark Plasma Sinteringの略で、正式には放電プラズマ焼結法と言います。 その他にも通電焼結法、放電焼結法など色々な呼び方をしますが、全て同じ焼結法です。

トップへ戻る