プラズマンの応用分野

焼結装置プラズマンは 温度、真空度、サイズを自由にコントロールすることが出来ます。その特徴を生かし様々な分野で今まで困難とされてきた商品開発や研究に是非この技術を取り入れてください。金属、プラスチック、ガラス、セラミックス、カーボンなどの材料の技術、接合、形状加工などの製造技術にも応用できます。

プラズマンの応用分野画像
トップへ戻る

レアメタル

プラズマンの応用分野画像 レアメタルの基礎知識から使用例まで分かり易く解説されています。書籍の中にはプラズマンの活用内容について掲載されています。


  ご購入はこちら

トップへ戻る

高性能記憶合金

近畿大学 機械工学科 材料システム工学研究室 京極教授 ポスター発表

自社装置「PLASMAN」を使用し実験研究を行い発表されました。
「高性能形状記憶合金の開発」は工業部門や医療部門へ向け付加価値を持つ商品化への期待がもたれています。


発表ポスターはこちら[pdf]

トップへ戻る トップへ戻る

その他掲載

秋田県立大学 木材硬度加工研究所 博士(農学)藤沢 匡志 様

自社装置「PLASMAN」「急速熱分解装置」「スパッタくん」を使用し研究発表されました。

秋田県立大学 木材高度加工研究所博士(農学)藤沢 匡志 業績リスト

<<研究業績>>

<査読論文>

1) Masashi Fujisawa,Toshimitsu Hata,Paul Bronsveld,Vinicius Castro,Fumio Tanaka,Hikari Kikuchi,Yuji Imamura,「Thermoelectric properties of SiC/C composites from wood charcoal by pulse current sintering 」,『Journal of the European Ceramic Society』,25,pp2735-2738,2005
4) Vinicius Castro,Masashi Fujisawa,Toshimitsu Hata,Paul Bronsveld,Tomas Vystavel,Jeff De Hosson,Hikari Kikuchi,Yuji Imamura,「Silicon Carbide Nanorods and Ceramics from Wood 」,『Key Engineering Materials』,264-268,pp2267-2270,2004
5) Masashi Fujisawa,Toshimitsu Hata,Paul Bronsveld,Vinicius Castro,Fumio Tanaka,Hikari Kikuchi,Takeshi Furuno,Yuji Imamura,「SiC/C composites prepared from wood-based carbons by pulse current sintering with SiO2:Electrical and thermal properties 」,『Journal of the European Ceramic Society』,24,pp3575-3580,2004

<プロシーディングス>

1) Masashi Fujisawa,Toshimitsu Hata,Paul Bronsveld,Vinicius Castro,Fumio Tanaka,Hikari Kikuchi,Yuji Imamura,「Development of SiC/C composites from wood charcoal by pulse current sintering and Their Thermoelectric properties」,『5th International Wood Science Symposium』,P45,2004

<紀要>

1) Masashi Fujisawa,Toshimitsu Hata,Paul Bronsveld,Vinicius Castro,Fumio Tanaka,Hikari Kikuchi,Takeshi Furuno,Yuji Imamura,「Development of SiC/C composite materials from Wood Charcoal by a Pulse Current Sintering Method and Their Properties」,『WOOD RESEARCH』,90,pp15-16,2003

<国際会議における発表>
( 口頭発表 )
1) ○Vinicius Castro,Masashi Fujisawa,Toshimitsu Hata,Paul Bronsveld,Tomas Vystavel,Jeff De Hosson,Hikari Kikuchi,Yuji Imamura,「Silicon Carbide Nanorods and Ceramics from Wood」,『Conference and Exhibition of European Ceramic Society』,626(B9)Istanbul,Turkey,(June 2003)
2) ○Vinicius Castro,Masashi Fujisawa,Toshimitsu Hata,Paul Bronsveld,Tomas Vystavel,Jeff De Hosson,Hikari Kikuchi,Yuji Imamura,「Production of Wood Ceramics」,『The Materisls Research 2003 meeting』,Netherlands,(May 2003)
( ポスター発表 )
1) ○ Masashi Fujisawa,Toshimitsu Hata,Paul Bronsveld,Vinicius Castro,Fumio Tanaka,Hikari Kikuchi,Yuji Imamura,「Development of SiC/C composites from wood charcoal by pulse current sintering and Their Thermoelectric properties」,『5th International Wood Science Symposium』,P45,Kyoto,Japan,(September 2004)
3) ○Masashi Fujisawa,Toshimitsu Hata,Paul Bronsveld,Vinicius Castro,Fumio Tanaka,Hikari Kikuchi,Yuji Imamura,「Thermoelectric properties of SiC/C composites from wood charcoal by pulse current sintering」,『ELECTROCERAMICSⅨ 2004』,C07-07-Pos,Cherbourg,France,(May 2004)

<国内学会における発表>
(口頭発表)
1) ○藤澤匡志,畑俊充,菊池光,Paul Bronsveld,Vinicius Castro,田中文男,今村祐嗣,「パルス通電加熱法により作製した炭化ケイ素 / 木質炭化物複合材料の熱電特性評価」,『第55回日本木材学会年次大会』,京都,2005年4月
2) ○藤澤匡志,畑俊充,Paul Bronsveld,菊池光,Vinicius Castro,田中文男,今村祐嗣,「パルス通電加熱法による木質炭素化物からの炭化ケイ素/炭素複合材料の作製と熱電特性」,『第52回応用物理学関係連合講演会』,東京,2005年3月
3) ○藤澤匡志,畑俊充,Paul Bronsveld,菊池光,Vinicius Castro,田中文男,今村祐嗣,「パルス通電加熱法により作製した炭化ケイ素/木質炭素化物複合材料の熱電特性」,『第53期日本材料学会学術講演会』,岡山,2004年5月
4) ○藤澤匡志,畑俊充,Paul Bronsveld,菊池光,Vinicius Castro,田中文男,今村祐嗣,「パルス通電加熱法による木質炭素化物からの炭化ケイ素/炭素複合材料の熱的特性解明」,『第51回応用物理学関係連合講演会』,東京,2004年3月
5) ○ 藤澤匡志,畑俊充,Vinicius Castro,田中文男,菊池光,古野毅,今村祐嗣,「パルス通電加熱法による炭化ケイ素/木質炭化物複合材料の特性解明」,『第52期日本材料学会学術講演会』,東京,2003年5月
6) ○Vinicius Castro,Masashi Fujisawa,Toshimitsu Hata,Paul Bronsveld,Tomas Vystavel,Jeff De Hosson,Hikari Kikuchi,Yuji Imamura,「Production of Ceramic Wood and Silicon Carbide Nanorods by Electric Pulse Heating」,『第53回日本木材学会年次大会』,福岡,2003年4月
7) ○藤澤匡志,畑俊充,Vinicius Castro,田中文男,菊池光,古野毅,今村祐嗣,「パルス通電加熱法による木炭からの炭化ケイ素 / 炭素複合材料の製造とその特性解析」,『第53回日本木材学会年次大会』,福岡,2003年4月
8) ○藤澤匡志,畑俊充,Vinicius Castro,田中文男,菊池光,古野毅,今村祐嗣,「通電加熱加圧法による木炭からの炭化ケイ素複合材料の製造と特性」,『第52回日本木材学会年次大会』,岐阜,2002年4月

トップへ戻る